ビジネスmixi
ブログランキング ↑ に参加中です。↑ クリック ↑ お願いします。↑

最近になって急に感じてることだが
ビジネスの上でのmixiってかなり可能性があるのではないかと。

当初、mixiはそれほど珍しいものではなく、
どこにでもあるような出会系サイトの
延長線上のようなものと考えていた。
すでにアバターを使った同じようなサイトが存在していたし
それの亜流だと感じていた。

しかし、最近400万人を突破し、
多くの人がで自分のブログなどを書き始めてる。
mixiが他のサイトと明らかに違ってたことは
コミュニティーの作りやすさと検索のしやすさ
そして中継基地としての便利さとシステムの軽さである。

まだまだ改善の余地はあるが
このコミュニティーの作りやすさ、集まりやすさが
私には非常に魅力に感じている。

人が考えていることは千差万別である。
子育てあり、趣味あり、仕事あり、学校あり
コミュニティーの作りやすさは、自分の興味に引き付ける。

地域のコミュニティーなら隣近所嫌いであっても
付き合わなければならない。
しかし、ネット上のコミュニティーは、本当に気の会うものだけ集まって
自分たちの興味のあるものの話題を盛り上げればいい。

ビジネスにおいても、自分たちの業界、仕事内容において
興味のある人が集まり、話題を盛り上げていける。

mixiは招待制で始まったためか、非常に実名登録が多く
ビジネスの世界と割り切れば、実名も会社名も載せられる。

ただ、重要なのはプライベートときっちり区分けすることだ。
私は、mixiのIDを、プライベートとビジネスで使い分けている。
プライベートは匿名で、ビジネスは実名だ。

また、mixiはアバターと違い写真を載せられる。
ビジネスの世界では当然、顔写真でいい。
名刺に顔写真を載せる感覚である。

またmixiが滞在時間においてYahoo、Googleについで
第三位になったと言うのもうなづける。
これだけの人間が集まり、これだけの意見があるなら
もうこのサイトを覗くだけでおなかいっぱいで
他を回ろうと言う気が起きなくなってくる。

これを私流に言わせれば
郊外にでっかいショッピングセンターが出来て
その中に百何十件ものお店が乱立し
その中だけの買い物で十分に用が足りるのに
そのショッピングセンターをわざわざ出て横断歩道を渡って、
その外のお店にまで買い物に行かないのに似てる。
普通の人なら一度その中に入ってしまえば、飽きるまでその中にいる。

これは非常に怖いことだと感じている。
ネットの世界でも今まではYahoo、Google等で
わざわざ検索して、その目的のHPにたどり着いていたが
mixiの中にいれば、その検索さえも必要なく
必要なコミュニティーや意見がそばにあるのだから。

先日mixi社長の笠原氏と少しだけお話して
mixiのBtoBの活用について質問したが
どうもBtoCには熱意を持っていても、BtoBにはピンと来てなかった。
作った本人たちが認識していないのは、またまた脅威だ。
その環境があり、いつでも有効活用できる土壌を持ってる。

mixiのBtoBでの活用は
ひとつのコミュニティーである程度の人数に達したときから始まると思われる。
今はその助走のとき
制約の無いビジネスmixiの活用をぜひともお願いしたい。
mixiのマザーズ上場日は2006/9/14。。

[PR]

mixiにてマイミクも募集しています。
 このblogの順位

by h_chuman | 2006-08-22 21:09 | 一般
<< 会社設立回想録14 1993年ごろ 会社設立回想録13 1992年ごろ >>
にほんブログ村 経営ブログへ