カジノ
ブログランキング ↑ に参加中です。↑ クリック ↑ お願いします。↑

ラスベガスと言えばカジノが有名である。
外からホテルに戻るたびにフロントからカジノを通って
自分の部屋に戻らなければならない。
日本にいるときはホテルにカジノが付いてるって感覚だったが
現地に行ってみると
カジノにホテルがくっ付いていると言ったほうが正確なのかもしれない。
ホテルはカジノで運営し、ホテルはそのための宿泊施設でもある。

ラスベガスでのファミリーは、あまり歓迎されない感じだ。
家族で訪れると、どうしても家族といる時間が長くなり
カジノで遊ぶ時間は減る。
私も、5人家族でラスベガスに訪れたため
なかなか一人になる時間がなくカジノへ行く時間も少なかった。

私のカジノの結果と言えば、
子供たちが寝静まった時間にほんの1~2時間だけ
結果的には65ドルのマイナス
それ以上にカジノで遊ぶ気がしなかった。

ふと、なんでこんなに気が乗らないんだろうと考えた。

私は経営者だから、何百~千万円もの金額を動かし投資したりしている。
しかしそのお金は、キャンブルではなく、見込みのある投資であり
目的もはっきりしてて、その投資によって次の利益を確実に生み出してくれる。
私の見込みが間違っていれば、それはある意味でのギャンブルなのだが
ほぼ投資した以上の利益を生み出し、次へのステップにつながっていく。

しかし、このカジノでの投資は、当たるか外れるかほぼ確率で決まってしまう。
その結果、莫大にもうけるかもしれないが、莫大に損てしまうかもしれない。
遊びだと割り切れればいいのだろが、どうも私の性格だとそれが許せない。

私の頭の中に、
カジノよりも確実に利益を生み出す仕組みがある。
それにもかかわらずカジノで時間を費やし、
カジノでお金を増やしていこうなんて考えが到底馴染まないのである。

ふと、自分でもつまらない性格だなと思ったりもする。
しかし、ギャンブルのような仕事の運営をしていたならば
多分今の成功はありえなかっただろう。

カジノをやってみて、自分の今を振り返ったとき、
自分はギャンブラーに向かなかったことを感謝すべきなのかもしれない。

[PR]

mixiにてマイミクも募集しています。
 このblogの順位

by H_Chuman | 2006-12-29 16:24 | 一般
<< 謹賀新年 ラスベガスからの帰国 >>
にほんブログ村 経営ブログへ