カテゴリ:一般( 44 )
ブログランキング ↑ に参加中です。↑ クリック ↑ お願いします。↑

mixiにてマイミクも募集しています。
 このblogの順位

とんでもない。
ブログランキング ↑ に参加中です。↑ クリック ↑ お願いします。↑

安倍首相の退陣、びっくりした話だ。

美しい日本、憲法改正、
就任した当初、60%以上の支持率があったため民意を見失ったんだろう。
だれも安倍氏の代でそれをやって欲しいとは願っておらず、
それよりも、目の前の年金、格差、税金等の問題を片付けて欲しかった。
自分の支持率が高いと勘違いして、理想に走った空気の読めない総理の末路だ。

でも、考えて見なくてはいけないのは
今回の辞め方はとんでもないやめ方にしろ、それ以外安倍氏は何の悪いことをしたのだろうか?
大臣の失言、お金、自殺、絆創膏と自分の部下の不始末が多数であり、
それによる参院選選挙による敗北、テロ特措法による海外公約の問題、
退任はその責任問題といったほうが当てはまるのかもしれない。
あのやつれた、目の据わらない映像は、かわいそうな気がする。

それよりも気になるのは、次の首相候補に小泉前首相の名が出ていること。

とんでもない話だ。

小泉氏は、任期中に多くの時限爆弾を仕掛けて、
自分が辞めた後、安倍政権で多くの爆弾が爆発するように仕向けてた。
郵政問題、年金問題、格差社会、税金問題、自衛隊派遣問題。
すべての問題が、自分の任期中には実行されず、次期政権につないだ。

私は、小泉前首相は歴代の中でとんでもない首相だと思っている。
確かに、小泉氏は人気があり、支持率からすれば上位に入った。
でも、やってきたことはどうだったのか?
あまりの支持率の高さから、どこのマスコミも小泉時代の検証がなされていない。

郵政民営化、
誰もが民営化を当たり前だと思っているようだが、
郵貯、簡保、郵便事業、どれをとっても優良企業だ。
赤字を垂れ流し、国民の税金をつぎ込まなくてはいけなくなった
国鉄、道路公団、住宅公団等、とはまるで性格が違っている。
なぜ、優良な企業を民営化しなくてはいけないのか?
すべての公共事業を民営化して、ちゃんとしたサービスが継続できるのか?
優良な資産を民営化するということは、発生した利益はすべて民営化企業の利益である。
それも土地や建物、国民の資産を預けたまま民営化し、後は誰も監視、責めることはできない。
利益を生む物を民営化することは国民に損害を与える政策であると思っている。
2007年10月1日からの民営化はまた、ひともんちゃくありそうな気がする。

格差社会を作ったのも小泉前首相である。
派遣法を改正し派遣対象業務の拡大、派遣社員を製造業務まで可能にした。
企業は正社員の雇用をやめ、派遣による人材の確保を選んだ。
製造業のような派遣は、単純労働が多く、その経験がまるで評価されない社会になった。
一度、負のスパイラルに陥ると、なかなかその雇用形態から浮上が出来ない。
それが今の格差社会の現状だ。

税制についても
配偶者特別控除廃止・年金課税強化、そしてサラリーマン増税、定率減税の廃止など
国民の可処分所得をすべて削る方向に持っていったのも小泉氏だ。
小泉前首相は、消費税は私の任期中には上げないと言い切ってた。
自分が首相の間は何も起きないが、辞めたとたんに時限爆弾が爆発するようになった。

厚生大臣だった時代にも、年金問題は一切手付かず。
誰も小泉厚生大臣時代の不作為を責めることは無い。
歴代の厚生大臣も誰も責められていない。
ただ、安倍氏の時代に問題が発覚し、それが連鎖反応を起こした。

自衛隊のイラク派遣問題、
戦争を放棄した国が海外に自衛隊を最初に派遣したのも小泉氏だ。
そしてテロ特措法延長問題、
当然、極端な法律を作ったのだから、それがいずれ是正される時期が来る。
それが安倍氏の時代に起こった。

そう考えてみると、安倍氏は何を悪いことしたんだろう?
空気が読めない首相で、何も出来なかったことは悪ではあるが
すべてが、小泉氏の極端な人気の反動が今回って来たに過ぎない。

小泉時代には、一度ひとつの流れを作り上げられると誰も反対が出来なかった。
反対意見を言うと、つるし上げられる、それはファショだ。
そんな時代が、また来ると思うとぞっとする。

今、空気の読めない連中が、また小泉前首相を担ぎ出そうとしている。
そんな社会になったら、日本は亡国になりそうな気がする。

とんでもない。

[PR]

mixiにてマイミクも募集しています。
 このblogの順位

by H_Chuman | 2007-09-13 19:54 | 一般
踊る?踊らされてる?
ブログランキング ↑ に参加中です。↑ クリック ↑ お願いします。↑

最近つくづく感じることだが、
世の中の流れが変に偏り、常にいびつな状態で動いている。
どうでもいいことが、大きな事件のように表現されていたり
重要なことが何も議論されなかったり。

夜中の12時過ぎに行われていた、安倍内閣の第二次組閣の大臣襲名記者会見、
短い時間なのに、各報道機関の記者が質問する項目は、
朝日、読売、毎日の記者が順繰りにバカの一つ覚えみたいに、
「事務経費の不正流用はありませんよね?」って
確かに今はそれが大臣になるための絶対条件かもしれないが、
そんな当たり前のことをいちいち確認しないといけない組閣
一国の大臣になるわけだから、もっと重要な質問項目もあるだろうといいたくなる。

結果、農水大臣が辞めるやめないの不始末、
これ自体は問題ではあるが、今の政治の低迷において、ここにこだわる問題ではない。
さっさと大臣の首を挿げ替えて、中身の議論へ進めて、
マスコミももっと重要な問題点を伝えて欲しい。

横綱朝青龍の事件なんて、毎日面白おかしく報道されているが
横綱が仮病を使ってモンゴルでサッカーしただけで
何であそこまで悪者のように報道されて追っかけなくてはいけないのか?
たしかに悪いことではあろうが、ごめんなさいと謝ればいいこと、
まあ、謝らないからあそこまで追っかけまわさなくてはいけないのか?
私にとってはどうでもいいこと。

警察官が女性を撃って自殺したことも、
あれは警察官の殺人事件ではないのか?
撃った警察官が自殺してしまったことで、事件が最低限で留まってる。
ましてや、退職金まで出す、出さないの始末、
撃った警察官が自殺してるとはいえ、殺人者に退職金を出そうとしている、

いつからマスコミは護送集団のように同じ事件ばかりを追っかけるようになったんだろう。
日本人はゴシップ記事ばかり読まされ聞かされて、
本当に必要なことは知らされず議論さえ出来ない。

最近は、首都圏の電車に人が飛び込んでも事件にもならない、
人身事故で電車が30分遅れました、ぐらいの遅延報道。
最低賃金が払えて無いのに、事件ではなくその比率%で報道する始末。
国益のために輸出ばかり推奨して、円高を悪と決め付けるマスコミ。
踊らされる国民が悪いのか、踊らすマスコミが悪いのか?

あまりにも報道内容が偏りすぎてて、煽りすぎて、一方的で
つまらない事件が大きく報道され、知るべき事件が報道されない
また、報道されたとしても、もっと掘り下げるべき事件が放置されている、

一度ゆっくり掘り下げてみたいとは思っているが、
常識と言われる非常識があまりに多い。
疑わなくてはいけない社会にしたのは誰のせいだろうか?
一人一人がだまされないように、自己防衛をしていかなければいけない。

安倍首相ばかりではない、
国民全体が裸の王様状態なのかもしれない。

[PR]

mixiにてマイミクも募集しています。
 このblogの順位

by H_Chuman | 2007-09-03 16:08 | 一般
MOONLIGHT MILE
ブログランキング ↑ に参加中です。↑ クリック ↑ お願いします。↑

昨夜は、新宿の明治安田生命ホールで
毎日新聞主催のMOONLIGHT MILEのDVD試写会
「ビッグコミックスペリオール」連載されているマンガだ。


以前からちょくちょく見てはいたが
宇宙を舞台とした大胆なドラマストーリーに興味があり参加

原作者の太田垣康男氏や鳥越俊太郎氏や、毎日新聞記者の元村有希子の対談もあり、興味のある時間を過ごした。
本当は、毎日新聞の元村有希子記者に興味があって応募したのだが、
原作者の太田垣氏の発想にとても驚かされた。

この作品は、マンガでありながら今後非常にありそうな近未来の宇宙を描いておりストーリーが緻密ですばらしい。
そのストーリーの源は、普段からの国際社会を学び、その緻密な事実の積み重ねから将来を予想し、描かれてると言う。
彼の情報の原点は、重要ではないべた記事、
小さな記事であればあるほど、興味がもてるという。
下手な解説が無い事実だけから、想像する発想、これはすばらしい物だ。
立場は異なるが、私に非常に似てるなと思った。

実は私も会社を経営していながら、これからの予想を常にしている。
それは新聞やニュースからえるのではなく、自分独自の考え方だけで動いてることが多い。
それだけに、思考力や発想は常日頃からしていかないと独自のアイデアは出てこない。
やっぱりこれからは、そう言う人間で無いと生き残ってはいけないんだなと実感した。

余談だが、元村有希子記者は実にきれいだった。

[PR]

mixiにてマイミクも募集しています。
 このblogの順位

by H_Chuman | 2007-06-29 21:03 | 一般
ふるさと山口法人ネットワーク
ブログランキング ↑ に参加中です。↑ クリック ↑ お願いします。↑

去年の11月から活動を始めた「ふるさと山口法人ネットワーク」
http://www.furusatoyamaguchi.net/

首都圏で山口県出身の経営者や有識者が集まったふるさと山口県を応援する会である。
私は、僭越ながら副会長と岩国地区の理事として就任致した。
この会は、いままでの県人会のような組織とは異なり、
経営者というそこそこの力を持ったメンバーの集まりである。
そのため、各自のノウハウを持って色々なことの出来そうな会に仕上がった。
たぶん、ふるさとを応援する在京経営者の集まりとしては、日本初ではなかろうか。

今まで5回集まり、会則やその目的をメンバーと話し合ってきたが、
4月1日正式に設立となり、今日が始めての理事会であった。
山口県庁東京事務所に行くと、中国新聞の記者の方が杉山会長にインタビューの最中、
いつもながら杉山会長のふるさとのために集まった、という
独特の力強い言い回しに、記者の方もうなずきっぱなし。
さすが。
明日の中国新聞、全国版?に載せてくれるらしい。

その後、会の運営、HPの作成、について話し合った。
山口県民の気質であろうか、みんな雄弁で意見が強い。
そしてお互いの意見を尊重しつつ、自分の意見を言う。
HP上で地元の物産を紹介したり、Uターン、Iターンを
応援しようと言う意見も出たが、私は少し慎重論
ビジネスを否定はしないが、ビジネス中心は会の趣旨では無いと

結果、今自分たちがすぐに出来ることとして
山口県の企業で東京に進出をする際に
我々の持っているノウハウを提供し、在京のバックボーンになること。
そして地元企業と少しづつ交流を深めていくことなどが賛同を得た。
まず、出来ることから始めようと。

一歩一歩少しづつであるが前進をしている。

[PR]

mixiにてマイミクも募集しています。
 このblogの順位

by h_chuman | 2007-04-25 01:03 | 一般
マイブーム古地図
ブログランキング ↑ に参加中です。↑ クリック ↑ お願いします。↑

最近私のマイブームは、古い地図を見ることである。

去年家を建てるときに、地盤調査を行った。
我が家は台地の上にあるので問題は無いと思ってたが
同じ台地でも埋め戻したとこがあったりして地盤が弱いところがある。
そこは、もと池だったり、川だったりする場所も。
そんな様子で周りの環境が気になった。

うちの近くの駅、池袋は、もと池があり水はけの悪い場所
今でも東京芸術劇場の地下からは大量の水があふれ出てるらしい。
そこから弦巻川という小さな小川が流れてて
雑司が谷、護国寺を抜けて江戸川橋(神田川)に流れてた。
今は池袋には池もなく、弦巻川という小川も無い。
昭和七年にドブ川化して問題になり、暗渠になってしまったらしい。
弦巻通りという小さな道だけが小川の名残を残している。

映画「千と千尋の神隠しに」、川の神様が出てきたり
千尋が琥珀川で溺れて、琥珀川(はく)に助けられたと言うシーンがある。
千尋が溺れた琥珀側は埋められてマンションが立ってしまった、
と残念そうなの千尋のナレーションが走る。

そんな都会の川のすでに埋められてしまった名残を
古い地図で追っかけていくのである。

ヤフーが先月あたりからか、「古地図で東京めぐり」という
江戸、明治、現在の東京の地図を重ねて見れるサイトを作ってる。
(3/15までの期間限定の公開が残念なのだが)
これを見ると、池袋にまだ池があり、弦巻川もまだ流れてて
それが明治、現在と移り変わっていく姿が見える。
グーグルも江戸の古地図を貼り付けているが
ヤフーのほうが格段に精度が高く使いやすい。

これが非常によく出来ていて、私の調べたかったことがよくわかる。
弦巻川は弦巻通りの道の下かと思ってたら以外やそうでもなく
細い長屋の中を抜けていたり、くねくね曲がってたりする。
その元川の上に区界があったり、町名の境がある。

以前、神田川のそばに住んでいるとき
区境が川のあっちにいったりこっちに来たりしていた。
なんでここが新宿区で、なんでここが豊島区なんだろうと
疑問に思ったことがある。
なんのことない、以前は川がクネクネ曲がっていてそこが区界
その川を整理してまっすぐにしてしまったために
区界が川のあっちとこっちに散らばってしまったのである。

そんな名残を現在の地図と比較してみるのは楽しい。
ブラウザで重ね合わせて江戸、明治、現在の地図が見えることは
歴史に思いを寄せ、名残を感じ取ることが出来る。

残念なことに、3/15と公開期間が短く、その後も続けて欲しいのだか

c0078652_21174356.jpg

[PR]

mixiにてマイミクも募集しています。
 このblogの順位

by H_Chuman | 2007-03-01 21:31 | 一般
多事争論 ゴア氏
ブログランキング ↑ に参加中です。↑ クリック ↑ お願いします。↑

昨夜、何気なくチャンネルを切り替えニュースを見てたら
私が見たのは途中からではあったが
筑紫哲也のニュース番組でアメリカ前副大統領ゴア氏が出てた。

視聴者を参加させて、質疑応答形式での番組ではあったが
まず、最初に感じたのは、「本当にゴア氏?」と感じるような激太り
現役の頃のゴア氏はスマートで先鋭な印象であったが
2000年の大統領選でブッシュに敗れてから今までの間
どれだけの苦い経験をしてきたんだろうと感じるものもあった。

ゴア氏といえば、やはり印象に残るのが京都議定書
なかなか各国が納得しない原案を調整しまとめた印象が残る。
それにはアメリカのかなりの譲歩も存在したが
それをあっさり否定したのが現ブッシュ大統領。
あまりに露骨な企業よりな政策に、世界中がここ数年翻弄されてる気がする。

私はやはり1990年代後半のアメリカのほうが好きだった気がする。
1998年12月に前大統領、ビル・クリントンがやはりTBSの筑紫哲也の番組に出たとき
不倫騒動で真っ只中ではあったが、クリントンが大好きになってしまった。
それは明確な物言い、将来を見据えての発言、世界を見つめての政策

http://www.tbs.co.jp/uspresident/index-j.html
今の政策の見えない日本と比べれば天と地ほどの差がある。

思わず、日本も大統領制にしてしまいたいと思ったほどだ。
http://hchuman.exblog.jp/4138273/

なぜここまで世界中が疲弊してしまったのだろう?
日本も今、一部大企業の都合による
非正社員との格差拡大、ホワイトカラー・エグゼンプション
実感の伴わない景気拡大による日銀の利上げ?
ご都合主義のマスコミの報道偏り、スポンサー擁護

日本人って寄らば大樹の陰的な発想が多くて
益々既得特権を持つものや大企業だけが繁栄し
少数意見や力を持たないものはないがしろにされていく気がする。

最後のほうでゴア氏が
「二度と大統領選に出ません」といった言葉
ヒラリー氏に対する遠慮なのか、なんなのか
何があったんだろうと、勘ぐりたくもあるが
よほど懲りたんだろうなと感じさせざる終えない

ただ、ただの人になってしまったゴア氏が
1000回以上も公演をし環境問題について問うたとしても
権力を持たざるものが、多くの民衆を束ねても勝てないんだなとつくづく感じる。

インターネットの中で意見を束ねてどう権力としていくか
それが今後の大きな課題なんだなと感じ取った番組でもあった。

[PR]

mixiにてマイミクも募集しています。
 このblogの順位

by H_Chuman | 2007-01-17 13:07 | 一般
謹賀新年
ブログランキング ↑ に参加中です。↑ クリック ↑ お願いします。↑

あけましておめでとうございます。
年末に帰国して、慌しいまま年始を迎えました。

昨年はブログ、ミクシー、ナイル等々、皆様との色々な出会いがあり
より多くの方々と交流を深めることが出来ました。
皆様に感謝すると共に、昨年は色々とありがとうございました。

元旦の夕方から、
近くの鬼子母神へ家族と共に初詣に行ってきました。
夕闇迫る中、まだまだ多くの方々が参拝にされていました。

c0078652_173664.jpg

私も家族の健康平和を祈ると共に、会社の安定等々を祈願してきました。

今年はどんな年になるんでしょうか?
毎年、いい年にしたいと思いながら、なかなか思うようにはいきません。
はたから見れば十分にいいのかもしれませんが
毎年、飽くなき希望に向かって進むことが
ひとつの成長につながるのかもしれませんね。

子供たちの成長と共に、自分も成長したいと
今年も飽くなき願望は続きます。

皆さん、今年もよろしくお願いします。
[PR]

mixiにてマイミクも募集しています。
 このblogの順位

by h_chuman | 2007-01-02 01:08 | 一般
カジノ
ブログランキング ↑ に参加中です。↑ クリック ↑ お願いします。↑

ラスベガスと言えばカジノが有名である。
外からホテルに戻るたびにフロントからカジノを通って
自分の部屋に戻らなければならない。
日本にいるときはホテルにカジノが付いてるって感覚だったが
現地に行ってみると
カジノにホテルがくっ付いていると言ったほうが正確なのかもしれない。
ホテルはカジノで運営し、ホテルはそのための宿泊施設でもある。

ラスベガスでのファミリーは、あまり歓迎されない感じだ。
家族で訪れると、どうしても家族といる時間が長くなり
カジノで遊ぶ時間は減る。
私も、5人家族でラスベガスに訪れたため
なかなか一人になる時間がなくカジノへ行く時間も少なかった。

私のカジノの結果と言えば、
子供たちが寝静まった時間にほんの1~2時間だけ
結果的には65ドルのマイナス
それ以上にカジノで遊ぶ気がしなかった。

ふと、なんでこんなに気が乗らないんだろうと考えた。

私は経営者だから、何百~千万円もの金額を動かし投資したりしている。
しかしそのお金は、キャンブルではなく、見込みのある投資であり
目的もはっきりしてて、その投資によって次の利益を確実に生み出してくれる。
私の見込みが間違っていれば、それはある意味でのギャンブルなのだが
ほぼ投資した以上の利益を生み出し、次へのステップにつながっていく。

しかし、このカジノでの投資は、当たるか外れるかほぼ確率で決まってしまう。
その結果、莫大にもうけるかもしれないが、莫大に損てしまうかもしれない。
遊びだと割り切れればいいのだろが、どうも私の性格だとそれが許せない。

私の頭の中に、
カジノよりも確実に利益を生み出す仕組みがある。
それにもかかわらずカジノで時間を費やし、
カジノでお金を増やしていこうなんて考えが到底馴染まないのである。

ふと、自分でもつまらない性格だなと思ったりもする。
しかし、ギャンブルのような仕事の運営をしていたならば
多分今の成功はありえなかっただろう。

カジノをやってみて、自分の今を振り返ったとき、
自分はギャンブラーに向かなかったことを感謝すべきなのかもしれない。

[PR]

mixiにてマイミクも募集しています。
 このblogの順位

by H_Chuman | 2006-12-29 16:24 | 一般
ラスベガスからの帰国
ブログランキング ↑ に参加中です。↑ クリック ↑ お願いします。↑


c0078652_12403993.jpg

27日の夜、ラスベガスから帰ってきた。

子供たちが冬休みに入ってすぐ
年末は新しい自宅で年明けを迎えたかったので
クリスマスのラスベガスへ家族と行ってきた。
泊まったのは噴水ショーの有名なベラージオ

クリスマスシーズンの渡米は初めてだったため
どれだけ混雑するのか予想がつかなかった。
行った日の22日のロビーは広々としてゆったりとした感じ。(左写真)
そして24日もかなり人が増えたなって感じ。
日本だと24日イブがピークのためこんなもんだと思ったのが間違いだった。

そして25日の夜に入ると右の写真のように大混雑(右写真)
特にベラージオはホテル内のデコレーションが壮大なため入り口からどんどん人が入ってくる。
ホテル内のバフェはいつもの10倍くらい人が並んでる。
こっちは三人の子連れ、外に食事をしようと出たのが間違いだった。

流入してくる人ごみに逆らいながら歩く途中
下の3歳の息子は歩きながら寝てしまう始末
どの店も並んでて子連れで入れるような雰囲気ではない。
あわやクリスマスの日に食事難民かと思ったが
外での食事をあきらめ、寝た息子を抱きかかえて来た道を延々と歩き
やっとのことでホテルの部屋に帰ってきた。

そこでルームサービスを取ってやっとの食事にありついた。
ホテルの部屋は噴水の真正面に見える部屋(下の写真)
噴水ショーを見ながら食べる食事は格別、
ルームサービスを取ってみるとさすがベラージオ、うまかった。
外で食事なんかしようとせず、最初から部屋で食べればよかったなと痛感した。
c0078652_12453648.jpg

6日間ではラスベガスは回りきれなかったが、よく歩いた。
歩数計で一日平均15000歩、最終日は22000歩を越えた。
3歳の息子と7歳、13歳の娘もよく歩いた。
結構強行軍ではあったが、楽しい旅行だった。

最後に成田に帰ってきて、
インフォメーションに自分の名前を見つけて係りの人に聞くと
飛行機に自分たちの荷物が載ってないとのこと
ラスベガスのUSエアからロスのシンガポールエアに
荷物が引き渡されていないとのこと、
結局バゲージから3個のスーツケースが出てこなかった。
衣類もお土産も全部スーツケースに入れた置いたのに
今も探してもらってる最中。うーん・・・・

今回の旅行は、いろいろなサービスについていろいろと考える機会があった。
旅行中に新しいビジネスのアイディアも浮んだ。
また、それについて書き連ねて行きたいと思う。
[PR]

mixiにてマイミクも募集しています。
 このblogの順位

by H_Chuman | 2006-12-28 12:47 | 一般
同郷
ブログランキング ↑ に参加中です。↑ クリック ↑ お願いします。↑

22日、霞ヶ関の山口県東京事務所で
ふるさと山口法人ネットワークと言う集まりがあった。
山口県出身で東京に来て企業化したオーナーの集まりだ。

山口県の東京事務所が場所を提供していただき
かつ、県職員の方も参加いただいて、
ふるさとをどう守り立てていこうかと話し合った。

IT系のS女史や、映画プロディーサーのS氏、TI系のS氏、元モデルのM女史、
ペット関連メーカーのK氏、印刷会社のN氏、海産会社のM氏、出版会社のH女史
それに県のK次長さんとK主査さん

これが始めての会合なので、先ず何をやるのか話し合ったが
どうやって我々がふるさととのパイプになるのか?
東京と山口がお互いに求めているパイプになればいいとみんな考えてた。

インターネット社会になって、昔に比べてやりやすい環境が出来ている。
県が何を求めてて、私たちが何を求めるのか
お互いの接点にひとつの交流やビジネスが結びつくと思ってる。
ただ、就職先として東京に人材を引っ張るのは県としては不可らしい。

まだまだ話の尽きないまま、そんまま懇親会に持ち込んだ。

今まで25年あまりふるさとを意識したことはなかったが
こうやって考えると、ふるさとっていいもんだなと思った。
昔に比べ、少しは会社に余裕が出てきてるため
いろいろな意味で盛り立てていければと考えてる。

自分に今できることは何だろう?
そこからが、この会の盛り立てられる出発点かも。

[PR]

mixiにてマイミクも募集しています。
 このblogの順位

by H_Chuman | 2006-11-24 21:31 | 一般
にほんブログ村 経営ブログへ